日本IFToMM会議ホームページへようこそ!
 日本IFToMM(イフトム)会議は,機械工学分野の国際学術組織:
IFToMM:International Federation for the Promotion of Mechanism and Machine Science に加盟する我が国唯一の公認団体であり,国内および国際的学術交流のために活発に活動しています.



What's new

下記要項にて,スペインから来日される先生方の特別セミナーが開催されますので,奮ってご参加下さい.

日 時2019年1月21日(月) 17:00〜18:30
場 所東京工業大学 大岡山キャンパス 本館4 階第一会議室
http://www.titech.ac.jp/maps
講 師Prof. Alfonso Hernandez Frias and Assoc. Prof. Victor Petuya,
Department of Mechanical Engineering of the University of the Basque Country at the Faculty of Engineering of Bilbao, Spain
題 目From planar to spatial mechanisms. Some design criteria of parallel robots
概 要 The kinematic radiography of a machine is a mechanism, and a mechanism is nothing more than a set of geometric constraints. From this approach, it is easier to present the concept of mobility applied to a mechanism, to a kinematic pair, or to an element of a mechanism. In fact, there is a very special element in a mechanism that is the coupler, end-effector or mobile platform, which is the one that define the application of the mechanism. But, to know the number of degrees of freedom of the end-effector is not enough. More complete information about its motion capability is given by the so-called motion pattern. The motion pattern is, in general, an instantaneous characteristic. It depends on the mobile platform pose. However, the morphological or structural synthesis allows designing parallel manipulators with permanent motion pattern along the workspace, which is a great technical benefit. A singularity analysis detects those configurations where the robot can suffer a loss of local mobility, the blocking of an element, or losing control. Except for very particular applications, singularities are non-desired configurations. Therefore, the job of the engineer is oriented to size the robot so that it operates in a wide, regular and free of singularities workspace. Using the GIM software (www.ehu.eus/compmech/software), some planar and spatial mechanisms will be modelled to illustrate the theoretical concepts revised during the lecture.
開催案内PDFファイル

(2018-12-31更新)



☆IFToMM Italyシンポジウムへの学生派遣についてnew!

2018年11月29・30日に開催されたIFToMM Itaryシンポジウムへ3名の博士課程学生(大野真澄氏,木村直人氏,松尾博史氏)が参加し,日本IFToMM会議から旅費支援を行いました.2018年12月26日の実行委員会に併せて,報告会が行われました.


(2018-12-31更新)



☆【緊急】国際会議での講演者の募集について

下記要項にて開催されるIFToMM Italy主催の国際会議にて,日本からの講演者を募集していますので,奮ってご応募下さい.

対象は博士課程以上の学生の方で,最大2名まで募集します.
日本IFToMM会議から,旅費として10万円を支援致します.
応募される方は,以下の情報をwebフォームにてお送り下さい.
  1. 連絡先E-mailアドレス
  2. 講演者の氏名
  3. 講演題目
  4. 所属
  5. 指導教員の氏名
  6. 学年

(2018-10-18更新)



☆第24回シンポジウムのプログラムが公開

第24回シンポジウムのプログラムが公開されました.皆様奮ってご参加下さい.
PDF版のプログラムはこちら

※以下は,会場に関する注意事項です.
  1. プロジェクタ用のケーブルはVGAのみです。必要なアダプターは必ずご自分でお持ちください。
  2. WiFi のアクセスには eduroamをお使いください。それ以外はご自分でご用意ください。
  3. 会場は東京メトロ南北線 東大前出口から徒歩5分です。農正門から入り正面の農学部3号館の裏側にあるフードサイエンス棟1階の中島董一郎記念ホールです。http://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/overview.html

(2018-5-18更新)



日 時
平成30年6月1日(金) 今年も金曜日に開催予定です.ご注意下さい!
会 場 東京大学弥生キャンパス(農学部)
フードサイエンス棟 中島董一郎記念ホール
予定行事
第24回シンポジウムでは,前回に続き企業の方の技術紹介セッションを企画しておりますので,奮ってご参加下さい.

特別講演:
企画中.
企業の技術紹介セッション:
本セッションはポスター発表です. 事前の原稿の提出は不要ですが,下記「講演申込み方法」に記載のアドレスまで,電子メイルにてお申し込み下さいますようお願いします. その際,ご氏名,ご所属,発表内容の題目をご記載下さい.
 参加費は5,000円(プロシーディングスと懇親会参加費込み),申込み〆切りは5月30日(火)です. ご参加をお待ち申し上げております.
参加費 聴講料:無 料
予稿集:会員は1冊無料,非会員および会員の追加分は3,000円/冊
技術交流会:参加費5,000円(学生無料)
講演申込み方法 以下の情報を下記へ電子メイル(symposium@jc-iftomm.org宛)にてお送りください.
(1)著者(筆頭著者,連名者のフルネーム)名 (和英併記)
(2)講演者名
(3)講演者の生年月日
    (Young Investigator Awards資格に該当する講演者)
(4)講演題目(和英併記)
(5)著者連絡先(E-mailアドレス,電話,Fax)
(6)200字程度の概要
講演申込み締め切り 2018年3月16日(金)
申込み締切りが延長されました!
採択通知
2018年3月23日(金)
最終原稿締め切り
2018年3月30日(金)
原稿テンプレート PDF版    MS-WORD版
講演募集要項 pdf ファイル
著作権委譲フォーム pdfファイル
※印刷・手書きでサインの上,スキャンしたファイルをお送り下さい.

(2018-3-5更新)



☆国際会議のお知らせ

本年度は,IFToMMに関連して下記の国際会議が開催されます.会員各位におかれましては,ぜひ奮ってご参加下さい.

    2nd International Symposium on the Education in MECHANISM AND MACHINE SCIENCE
    DateNovember 23-24, 2017
    PlaceMadrid, Spain
    Important datesFull paper submission: 15.07.2017
    Notification of acceptance: 25.09.2017
    Final paper submission: 13.10.2017
    CFPpdf file
    Websitehttp://www.uc3m.es/isemms17

    International Symposium on Robotics & Mechatronics 2017
    DateNovember 29 - December 1, 2017
    PlaceWestern Sydney University’s Parramatta (South) Campus and Parramatta City Campus, Australia
    Important datesOpening call for paper submission: 13 March
    Full paper submission close: 2 July
    Review reports sent back to authors: 6 August
    Early bird registration opens: 3 September
    Paper acceptance notice to authors: 3 September
    Final paper submission: 17 September
    Early bird registration closes: 1 October
    Registration closes: 30 October
    CFPpdf file
    Websitehttps://westernsydney.edu.au/isrm2017

さらに,2018年度には以下の国際会議が予定されておりますので,こちらも奮ってご参加下さい.

  • RAAD2018: 6-8 June 2018, Conference and Cultural Center, University of Patras, Greece, IFToMM Sponsorship application form is ready. Contact: Nikos Aspragathos, University of Patras, asprag@mech.upatras.gr
  • SMMM 2018: 14-16 June 2018, Belgrade, Serbia. Flyer has been received, and letter of support will be issued. Contact: Aleksandar Veg(aleksandar.veg@rotech.rs)
  • ReMAR 2018 (4th Int. conf. on Reconfigurable Mechanisms and Robots): 20-22 June 2018, in Delft (NL). Contact: Just Herder(J.L.Herder@tudelft.nl)
  • RoManSy2018: 25-28 June 2018, Rennes, France. https://romansy2018.ls2n.fr/ Contact: Vigen Arakelian (Vigen.Arakelyan@insa-rennes.fr), National Institute of Applied Sciences
  • ARK: 1-4 July 2018, Bologna, Italy. Contact: Vincenzo Parenti Castelli (vincenzo.parenti@unibo.it)
  • MESROB 2018: 4-6 July 2018, Cassino, Italy. CFP has been distributed. Letter of support has been sent. Contact: Giuseppe Carbone(carbone@unicas.it), University of Cassino and South Latium
  • MEDER 2018: 11-13 September 2018, Udine, Italy. CFP has been uploaded at http://meder2018.uniud.it/. Contact: Alessandro Gasparetto, DPIA - University of Udine, alessandro.gasparetto@uniud.it
  • AsianMMS 2018: 13-14 December 2018, Bengaluru, India. Waiting for the detailed information. After getting the information, a support letter will be issued. Contact: G. K. Ananthasuresh(suresh@mecheng.iisc.ernet.in), Indian Institute of Science, Bengaluru, India


(2017-6-20更新)



☆ 東日本大震災およびそれに伴う福島原子力災害に関する日本のロボット技術の適用に関する学術団体共同声明
このたびの東日本大震災とそれに伴う福島原子力発電所事故にの被災者の皆様,不幸にしてお亡くなりなられた方々には謹んで哀悼の意を表し, 未だ避難生活をされている方々,救援・復興に尽力されている方々には心よりお見舞い申し上げます.この未曾有の災害と事故を克服すべく, 我が国のロボット技術者・研究者集団である関連学協会はその叡智を結集して協力するべく共同声明を発しました.本会もその関連学協会の一員 として,参画いたしました.

東日本大震災およびそれに伴う福島原子力災害に関する日本のロボット技術の適用に関する共同声明:  PDF



☆ 若手会員育成基金の創設
平成16年1月末に逝去された元本会実行委員長・故藤井澄二先生のご遺志に基づいて, ご遺族から本会へ多額のご寄附をいただきました.そのご遺志に報いて,本会のますますの 活性化に供するため,ご寄附を基礎とした若手会員育成基金「Young Investigator Fund」を 創設しました.今後,次回の日本IFToMM会議シンポジウムにおける「Best Paper Award」の創設 および国際会議のための渡航費補助などの活動を行っていきます.



☆ 日本IFToMM会議ロゴマーク決定
日本IFToMM会議独自のロゴマークが提案され,2003年度総会の総意をもって決定しました. 会員諸氏にご愛用いただければ幸いです. (日本IFToMM会議ロゴマーク)



日本IFToMM会議および本ホームページに関する質問は事務局までお気軽にどうぞ.



過去のお知らせ    先頭へ戻る